FC2ブログ
アニメ、プラモ、フィギュアと 時々音楽の日記。 マイペースでやっていきます。  なんかコメントしていただけると喜びます。
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
00:30:19
先日、Xbox360のアケコン、RAP VX SAを使用しようとWindows 10のPCに繋いでみたのだけど、
どうにも全然使えず、トラブル&解決したので後続の方の為に記録。


端的に言うと、
・RAP VX SAをWindows 10でそのまま使おうとすると、
「デバイス記述子が○○です」
とかいうエラーを吐いて止まり、使用できない。


で、対策としては、普通は
× :設定画面→デバイス→デバイスと設定→対応機種のところで○○
となると思うけど、これではダメだった。

また、
× :デバイスマネージャーを起動して○○
も試したけど、これもダメ。


どうするかと言うと、
まさかの、
○ : タスクトレイの、Windows Defender セキュリティーセンターを開く
→デバイスのパフォーマンスと正常性 ( ”!”マークが出てるはず)
→デバイスドライバー(”1個の推奨” と出てる)
→トラブルシューティング
と選択すると、色々ダイアログが出るので、言われるままに進める。
すると、「再起動しろ」と出る。万全のためには再起動した方がいいだろう。
すると、気がついたら問題が解決している。

なんだか拍子抜けだし、他の一般的な、「デバイスドライバの更新」で解決できないのは、
なんとなく力不足を感じさせられるようで悲しい。




【余談:ドライバのインストール方法】
前述のデバイスドライバの更新というのは、
”設定”からデバイス一覧を開いてやる、よくある対策のことなのだけど、
一般に配布されている ”有志の非公式ドライバ” のバージョン自体が古く、
Windows7までしか対応していないので、試してはみたものの、適合しなかった。

最新ドライバを公式で配布して欲しい…とは思うものの、
マイクロソフト的には、ドライバファイルをWEBページで配布するよりかは、
自動でインストールする方が確実、と考えているのだろう。

ただ、このセキュリティーセンターを「経由しないとダメ」っていうのはどうなんだろうねぇ…。
セキュリティーセンターを「経由してもいい」し、別の手段もある、っていうのがより良いと思うんだけど…。




【余談2: クイックリリースコネクタの話】
実は、アケコンをつなぐ瞬間から問題が生じていた。

以前は別のノートPC (Windows 10 Professional)にRAP VX SAを接続してプレイしていたのだが、
今回やろうとしたときに、スタートボタンのシイタケランプさえ点灯しなかったときは、非常に焦った。

「うわー、あんま使ってないけど壊れたかー」と思ったのだが、
ペルソナのP4Uとかブレイブルーの時に、スティックとボタンを換装してあって、
ほとんど使ってないけどそれなりに愛着はあったので、往生際悪く、コネクタを新品ととりかえてみることにした。

通販リンク:クイックリリースコネクタ = ブレイクアウェイケーブル

↑のリンク先のやつを買ってみたんだけど、大正解だった。
なんか他のところのは大概800円くらいするし、1本だし。
リンク先のは2本で560円。しかも送料無料。強い。

しかし、ブレイクアウェイケーブルって名前はどこから来たんだろうね。壊れて吹っ飛んでいきそうな…。
あと、この店、説明に「釣具、アパレル、輸入雑貨の店」って書いてあって、パーツを買う店じゃないよね…。

そんなわけで代替メーカーのモノだけどハズレを引くこともなく、
ケーブル問題は解決しました。



【余談3:うちのアケコン】
昔アケコン買ったときに真っ先にパーツ換装しました。
全部アキバで購入。

Xbox 360のアケコン、RAP VX SA

スティックはセイミツ製。硬めのやつにしたら、スティックカバーが付けられなかった。
ボール部分はクリアブルー。これめっちゃキレイ。

ボタンは三和。
クリアボタンにしたかったので、音の大きさは普通。

こういう機械いじるのって楽しいよね。



ちなみに、実は以前から純正XBOX 360有線コントローラーのクイックリリースコネクタが無くなって死んでたので、
今回のことでコネクタが余ってパッドも使えるようになり、大団円でした。


おわり

スポンサーサイト

14:00:00
というわけで久しぶりの”電子工作”カテゴリの日記。
というか初めてなのかな…?



ヨドバシ行って、ipodを見て、ふと
 「今ipod classicは120GBぐらいか… 
  生の2.5inch HDDが今500GBで1万3千円だったかな…

  UserInterfaceを簡便にすればメニューぐらいできそうだな…
  音源データの再生はチップに任せればいいし…
  問題は電源かな…」
と考え、自作の方法を検討していた矢先に、

DesignWaveマガジンの表紙に
 「ハードディスクを使ったストレージ入門」
の字が。
LINK: DesignWaveマガジン 11月号

こ、この本が欲しかったんだよ!!!
と喜び勇んで買い、
概要からガリガリ読み進め、
ついに記事は実装が終わったところまで行き、
小見出しを見ると
 転送速度は100KBでした


100KBって、100KB/sec のこと……?

音楽は320kbpsだから40KBあればいいとしても、
映像はきびしいな…

まぁ転送速度の理由はいろいろあって、
 IDEのHDD → SATAで出力 → それをIDEに変換基板で変換
といういびつな構造が一番の原因かな。

じゃあ最初からIDEのHDD買ってきて作れば
いいんだ … よ … ね …???



まぁ確かに音楽再生機器としての性能は十分、か…
容量が増えるという利点と、手間、また実現可能性の問題を考えると、
ちょうど引き分けって感じかな…



というわけでなんか一つマイコン(MicroComputer)の使い方を勉強しはじめようかな、と思います。
研究の方もパターン認識の本を読み始めたので、かなり骨がある。

21:39:09
そんな会知りませんが、ふと電子工作のネタを思いつきました。

昔取った杵柄、のギターエフェクタの話はまた今度にするとして、
面白い商品を発見。

Air Shock Battle 1/12 ビームサーベル
 ↓動画も見れる!
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B001ALZJB8/cyberpair-22/ref=nosim/
Beam1.jpg

1/12ビームサーベルだってばよ。
ところがコレ、やはり初代ガンダムの関連の商品。
ガンダムSEED以降が好きな自分としては、欲しい度数は微妙なところ。



しかし、これ、
   考えようによっては、自分で作れる。
つまり、ガンダムSEED仕様にできる…?




まぁ外装はそのまんまコピーさせてもらうとして、
問題は中身。

ギミックを構造的に解析すると、

 ・サーベルを振ると音・光 
   →加速度センサで加速を検知、
    マイコンで場合分け処理し、外部出力して
     音を鳴らし、LEDを光らせる

 ・タイミング良く敵を切るとレベルアップする
   →これもマイコンでプログラミング。


加速度センサは
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=%22I-02347%22&s=score&p=1&r=1&page=
で1200円。

外装はプラ版を曲げて、もしくはポリエステルパテか。



ってなわけで、技術・予算的に無理はない。

夏のお遊びでやってみるかぁ!?

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
Amazonおまかせリンク
ブログランキング
プロフィール

グラブ(Grab)

Author:グラブ(Grab)
はじめまして。
2008年5月末開設の、ホビー関連ブログです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Twitter on FC2
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。