アニメ、プラモ、フィギュアと 時々音楽の日記。 マイペースでやっていきます。  なんかコメントしていただけると喜びます。
2018/01«│ 2018/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2018/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:52:05
メッキ調シルバーとラッカースプレー木部用

これ、
左2つがメッキ調シルバー(1380円)。
右が、トールペイントなど?のラッカー溶剤シルバー(200円)。

すごい期待をしてメッキ調シルバーを使用したのですが、
思ったよりも…という感想。

感想といえば乾燥もほどほどで、
1日経ってもまだカチカチにはならない。
指では触れる程度。

2日経つと、ごく軽ーく爪でこすってもキズは付かない。



とは言うものの、
最近勢いで買ったアルクラッドⅡのPolished Alminum(ポリッシュト アルミニウム)
なんかは 
    
  塗った後は触るの厳禁!!! 

というわけで、それに比べたらずいぶんマシ。
ただ、ガンプラのインナーフレームに使って外装を付ける…
となると、擦れるのできついかな…?

まぁアウターフレームを外す事はあまり無いわけで、
目をつぶれる範囲ではあります。

次に試したいシルバー塗料は、
こちら…  
スーパーブライト


これ…今思い出して調べてみたけど、
この写真通りに仕上がったらやばいよね?
SuperBrightスーパーブライト


…注文しようかなぁ!!
ああ…アルクラッドⅡ買った意味はどこへ…

07:45:31
全部ランナー付き、下地処理ナシだけれども。

とりあえず塗った:
 ・ギラ・ドーガ青
 ・ニルヴァーシュ
 ・ミーティア


なんか先月とかは塗料の実験ばっかりで
全然模型した気分にならなかったので、
キットを塗るだけ塗ってみました。


でもやっぱりパーティングラインが足の真ん中に男らしく存在しているし、

ニルヴァーシュに至っては 色分けされてない & 膝ウラが見えているのに裏打ちナシ
というなんとも情けない感じ…

まあ風邪気味なのにやったにしては上出来でしょう。

18:19:47
20090317181944
買ってから一ヶ月以上経ってしまったが…。


色見本です。
左から順に、
 マゼンタ、
 シアン、
 シアン、
 グリーン、
 バイオレット。
 

どれも綺麗に発色してますね~。



この純色セットですが、
これはガイアカラーの通販限定商品です。

もともと、色の三原色は理論的には
シアン
マゼンタ
イエロー
の4つなハズ。

グリーンとバイオレットはどんな感じで混ぜるべきか、ちょっと練習する必要がありそうですね。


今回はわざわざ純色セットを買ってるわけですが、
 「 ”○○ブルー” のように、混色が終わってる塗料じゃだめなの?」
と思うでしょう。
でも純色を混ぜるのと、混色が終わってる従来のものとは性質がかなり違います。
蛍光色などを除けば、
こちらの方が鮮やかな発色が得られます。

塗料は黄色などの隠蔽力が弱い物には白色の塗料が入ったりしています。

そういう不純物が入ってるものを混色し続けると、やがてグレーの塊になります。

でもこの純色を使えば大丈夫。
この純色は、混色しても彩度が下がらないんです。

”それって染料系の塗料ってこと”?
と思うかもしれませんが、
塗料皿に出したときの色が異常に濃いため、
おそらく顔料系だと思われます。



試してみよー、と思った方はこちらからどうぞ。

http://shop.gaianotes.com/shopdetail/001010000006/

20:43:49
20090316204346
RIDE BACKのストーリーがどんどん重くなってきてますねf^_^;


さて、今日はミーティア塗ってました。



塗装ですが、
先週やったのに記事書き忘れました。

アニメなどのカラーチャートよろしく、シルバー塗料のカラーチャートを作ってみました。

ガイアカラーとMrカラーは全部網羅してると思われます。

が、少し角度がズレただけで表面の様子が変わり、
あまり写真に撮っても参考にならない感じ(笑)



とりあえず確認できた事は、
 ・ガイアノーツのメタリック塗料用のシンナー、メタリックマスターは粒子を細かくする効果があるような無いような…
 ・ガイアカラーの塗料は隠蔽力が高い
 ・Mrメタルカラーは最高の仕上がり

といったところ。


しかし、塗っては塗料を入れ替え、の繰り返しを3時間やるのは大変だった。

下地色を黒にし忘れたけど、しばらくはこの作業はやりたくないな(笑)

02:21:46
20090120022143
今日は棚を組み立てて、大掃除したけど、それでも元気。

というわけで広がった作業スペースにて塗料の研究。

塗料の色変化というのは、″色の三原色″に基づきます。

(RGB=赤青緑は光の三原色。)

塗料の三原色は、
 シアンC、マゼンタM、イエローY+ブラックK
というCMYK系です。
ブラックが必要なのは、大概色を混ぜても真っ黒にならないから。
プリンタインクも概ねこのような分類ですね。

ここらへんの事は実際にやってみてください。

自分は小学校の美術の時間は絵かきではなく、ひたすら塗料を混ぜて水に溶かして遊んでましたので、とても実感が湧きます。(笑)

で、実際に教科書的に色を混ぜたらどうなるか検証したのが写真の様子。

マゼンタ色を持ってなかったので微妙に違いますが、
シアンとイエロー周辺の色は再現できてる感じ。

純色のマゼンタがあれば及第点かな?

ついでに単純色の仕上がり検討。
写真だと緑が全部同じに見える(笑)

青もクリアーブルーはすごく綺麗なのになぁ…

メタリックはグリーン、ブルーともに綺麗な仕上がり。

シルバーとクリアーレッドを買って、シナンジュ塗ろうかな…

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
Amazonおまかせリンク
ブログランキング
プロフィール

グラブ(Grab)

Author:グラブ(Grab)
はじめまして。
2008年5月末開設の、ホビー関連ブログです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Twitter on FC2
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード