アニメ、プラモ、フィギュアと 時々音楽の日記。 マイペースでやっていきます。  なんかコメントしていただけると喜びます。
2008/05«│ 2017/03| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2008/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:34:58
仮想フィギュアとは。



10年ほど前までは、3DCGでポリゴンをいじってモデルを作る、そこまででした。
出来ても、レンダリングをして、それっぽい雰囲気で見せるまで。

しかしそこから一歩進んで、とある会社が仮想フィギュアの構想を発表しました。
ヘッドマウントディスプレイを使って、実際のフィギュアを見ているかのような、
仮想のフィギュアを鑑賞するという発想です。

数年前なら、マシンパワーも低く、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)も高価で、
あまり現実的でなかったような気がします。
でも現在ならサムスンのスマホをHMDにするような技術(左右視差を発生させる)もあったり、
OculusVRが市販されたりと、手軽に実現できそうです。

それに、当面の問題であった、3Dモデル自体の不足についても、
3D造形をするディーラーさんも増えてきたこともあり、
それをそのまま3DCGの状態で配布するという事も、ありえなくはないと思います。



もちろん、模型ですから、実際に組んだりすることと、鑑賞することは全く別のことですので、
「作る」層は残るでしょう。

でも、「見る」層はどうなんでしょうか。
買って積んでる状態というのも、自分もあります。
それは所有欲が満たされた、ということと、
一度出して鑑賞すれば満足するときもある、という事情です。
また、箱を置くスペースまでは確保できるけど、
飾って棚におくにはすでに場所が無いという事もあります。



これが仮想フィギュアだったらどうなんでしょうか。



置き場所もいらず、飾る際も、データを入れ替えるだけですぐに飾るものを変えられる。
仮想フィギュアというのは基本的にはARですので、
ライトアップしてみたり、噴水の中に置いてみたり、
それこそ可動フィギュアが常にアクションしている、なんてのも考えられます。

さらに、レンダリングまでで良いので、立体出力可能性を無視した、ふわふわした髪の毛、
一本一本の髪の毛まで作りこまれたモデルもありえます。


ここまで書いてて思ったのですが、仮想フィギュア、思ったより良いものかも知れません。

自分も模型を作る人間ですから、作る喜びというのはもちろんありますが、
モノの種類によっては作るよりも鑑賞したいだけの場合もあります。(バイクやカーモデルなんかは結構ツライ)


料理だって作ることと食べることは違います。
作るのには手間も技術も要りますが、食べるのは外食に行けば、誰でもすぐ食べられます。


「作る」ことと「鑑賞する」ことは本質的に違うことです。

しかし、「アナログ商品を購入・鑑賞すること」と、「デジタル商品を購入・鑑賞すること」
は、お互いに近づいてきています。

CDなんかも、アマゾンやiTunesなどでデジタル購入し、実体のCDを購入していない、
というケースも多々あると思います。自分もそうです。

電子書籍もそうです。
紙の本は、紙の質だったり製本の美しさを鑑賞できます。
電子書籍は、保存容量さえあればいくらでも持ち運べ、かさばりません。


仮想フィギュアも、発売日にデータが配信されて、夜中でもすぐに手に入るかも。
工場のコストもかからない。

無責任な意見ですが、
立像に対してはけっこう有効なアプローチかも知れない、と思いました。



デジタルとアナログ、どちらかだけが良いということではなく、
両方良いところをつまみぐいしたいところです。
スポンサーサイト

17:26:38
すっごいお久しぶり。
もう新年です。

ガルパン生活いかがお過ごしか。
グラブも12月にやっと見始め、驚くなかれなんと6日間で11話分見てしまった。
こんなにアニメにハマったのはハルヒ以来である。
アニメらしい要素をふんだんに盛り込んでるのも、ガルパンの良いところだろうと思うが、
脚本がけいおんの人らしいので、そこらへんなかなかすごいキャスティングだと思う。素晴らしい。EXCELLENT!


ブログは4ヶ月ぶりらしい。
もうホントにTwitterしかやっておらず、というのもブログはいかんせん反応が無い。
アフェリエイトらしいものも過去に何件か書いてみたが購入者はいない。
やる気がでない。アソパソマソお腹が減って元気がでないよ。
誰かコメントしてください。やめてくださいコメントしずらい日記とか言わないでください。

TwitterはふぁぼりとかRTとかあってリアルタイムに反応見れるしね。そんなわけでTwitterしかやってません。
てか世間的にブログとか下火じゃね?



ところで本題。
  「アナログ原型の技術を向上させる」
と豪語していたやワンフェスでのリーフレットや同人誌の寄稿文(サークルれすぽんの同人誌:ドージンハードにて掲載)は嘘ではなく、
ワックスペンを買ったりワックス削ったり盛らなかったり色々遊んでいます。

ただ、やはり立体認識能力、把握能力の向上のためには、デッサン能力というものが必要だと痛感したので、
デッサンをしたりしなかったり。
やっぱりね、原型作ってると、自分のデッサン能力の足りなさを痛感するんですよ。

そんで、暇な時にiPhoneで書こうとして、やっぱり感圧無いからだめだーってんで
アナログのノートに書いたり。
で、アナログはやっぱりUndoRedoができないからだめだーってんで
ペンタブレットをやろうという話になるわけですね。

ほんで、どうせならペンタブレットを、
デスクではなく布団の上でだらだらと使って絵を書こうと思い立ち、
(布団はぐらぐらしていて、感圧の点ではいけないような気もするのだが)
ならばショートカットキーを簡単にしようと思い立ち、
昔買った杵柄、もといPlaystation2コントローラー→USBのPlanexの商品を引っ張りだす。

そこでアナログスティックでカーソル移動してパンしたり十字キーで拡大したら幸せじゃね?と思う。

このページを参考にした。
http://linax11.blog60.fc2.com/blog-entry-4.html

しかしなんかWindows上でのスティックの設定画面が違う。ん?
なんかドライバが入ってなかったらしい。

というわけで気を取り直して設定。

しかし、どうやら長年の使用のせいか、はたまた仕様なのか、
アナログスティックの中心がちゃんと取れてない。これでパンさせるとどうも左右上下への移動が残って、
カーソルが動き続ける。
残念だが、スティックはパンには使わずということに。


L1押しながら十字キーでパン。
L2でUndo、やっぱりやり直すならSELECTでRedo。

L1=Spaceキー
L2=Undo
SELECT=Redo
十字キー=カーソル移動
スティック上=拡大
スティック下=縮小

これでペンタブレットとコントローラー左手持ちだけで完結する。
Bambooお得意のタッチパッド機能も併用し、怖いものはない。

ここまで二時間。
結構楽しかった。

22:01:37
ACのCMが下火になっってきたおかげで人気が下がってしまった映像集ですが、
クオリティ高いです。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14195245





00:05:44
色々あって夏以降放置していたブログてすが、2月を目処に復活していきたいと思います。

封印していたドールネタを解放する事で、
コンテンツは充実するかと思われますが、何より暖かくなって塗装しやすくなるのと、まとまった時間が取れるようになるという事。

そんな感じでスロースタートしていきたいと思います。

ちなみに放置していた理由は忙しかったのと模型に対する情熱が失われていたこと。
最近復活しつつあるので素組みから入っていきたいと思います。

TwitterアカウントはGrabTF。このサイトが気になった方はフォローしてここを見た旨を伝えていただけると幸いです。
それでは今年も一年よろしくお願いします。

23:54:05
おまえ結局イヤホンの事しか、書いてねえな、ってツッコミはよしてください。

悩みに悩んで購入しました、
ATH CK90PRO。
オーディオテクニカでございます。

定価27000円のところを、13600円にて。

今も聴きながら書いてますが、解像度が高い、という表現はピッタリですね。
音像がハッキリしていて、ハイハットの叩き方のバリエーションが新たに聞こえるようになった曲もあります。

低音の弱さは若干感じますが、そこはイコライザで多少はカバー。

でもやはり手頃な範囲での究極はヘッドホンだと思うので、また余裕ができたら考えてみたいと思います。

ヘッドホンレビューの本買うか。

あと、ポケットオーディオアンプにも、興味あります。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
Amazonおまかせリンク
ブログランキング
プロフィール

Author:グラブ(Grab)
はじめまして。
2008年5月末開設の、ホビー関連ブログです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Twitter on FC2
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。