アニメ、プラモ、フィギュアと 時々音楽の日記。 マイペースでやっていきます。  なんかコメントしていただけると喜びます。
2011/04«│ 2011/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2011/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
22:46:12
WEという、あまり大声では言えない会社が中国にあり、
中国産業の大部分をになっていると思われるコピー品。

その例にもれないのがこれなんですが、フルメタルのM92Fと言われれば
金属好きの自分には抑えられないのが自分。

買ってみると、やはり粗悪品。
ブローバックしてもスライドストップがかからない。
かからないのでフルオート状態。

寒いせいもあるのかなーと思いつつも、違うよなぁと思う部分も。

トリガーを素早く話すと1発で終わるんですけどね。
2発で引っかかったりもします。

ベレッタ


で、本題はここから。

グリップを、海外の本物銃グリップ会社のにつけかえようとしたのが運の切れ目、
ピンが吹っ飛んだり、トリガーが可動しなくなったり、謎のエラー連発。

なんとか昔買ったミリタリーM92FとステンレスM92F(どちらも東京マルイ)
を利用して、完品のWEを作り上げました。

「するとどうでしょう。
 匠の創り上げたM92Fはどこから見てもベレッタ製。
 グリップパネルの刻印はもとより、スライドに光るPetro Berretaの文字。
 材質はスライドがアルミで本体が亜鉛合金。本物と見まごうばかりの出来です。」

とまではいいんですが、実際の動作はやはりフルオート。おもしろいといえばおもしろいですが、
そんなのはハイキャパExtremeだけでいいですよ。


というわけでできたのが写真のベレッタ。とにかく見た目勝負です。
別に性能のためにチューニングなんてしませんし。

でも分解のために引っ張り出してきたトイガンチューニングマニュアルのDVDがおもろかった。
こんかいはフィールドストリッピングレベルだったんですが、
DVDでは完全分解してました。






自分の中で何か火がついたようで、さっき思い切ってトイガン解体新書を注文してしまいました。



内容は主に東京マルイの製品が中心。



これを期にハイキャパをチューニングしちゃおうかな。
ってハイキャパが今 行方不明なんですが。
スポンサーサイト

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
Amazonおまかせリンク
ブログランキング
プロフィール

Author:グラブ(Grab)
はじめまして。
2008年5月末開設の、ホビー関連ブログです。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
Twitter on FC2
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。